株式投資

TQQQを買えない場合の代替案は?

カガミルです。
投資戦略「レバレッジド・コア・サテライト」を運用しています。

「レバレッジド・コア・サテライト」についてはこちらをご覧ください。

このサテライト部分には、ナスダック100の3倍レバレッジETFであるTQQQを組み入れています。

TQQQは最強のレバレッジETFだと考えています。

しかし残念ながら、日本の大手証券会社では購入することができません。

サクソバンクで購入できますが、特定口座に対応していないなどの理由により購入をためらっている方も多いかもしれません。

そこでこの記事ではTQQQを買えない方のために、日本の証券会社で買える代替案について考察します。

TQQQの代替候補

国内で買えるレバレッジETF

レバレッジETFの中には東証で購入できるものあり、その多くはTOPIXや日経平均株価など日本の株価指数に連動します(1568、1358など)。
しかし日本の株価の長期的な上昇を見込んでいないため除外しました。

レバレッジETFの一覧はこのサイトにあります。このうち、日本の大手証券会社(楽天証券、SBI証券、マネックス証券)で買えるレバレッジETFに絞ります。

さらに、長期的に上昇することが期待できるは株または不動産を対象としたものに限定します。債券や商品に投資するレバレッジETFも使い方次第では有用ですが、今回は除外しました。

この条件でピックアップしたのは以下のETFです。

3倍レバレッジETF

地域別株式

  • SPXL(Direxion デイリー・S&P500・ブル3倍ETF)
  • TNA(Direxion デイリー・小型株・ブル3倍ETF)
  • YINN(Direxion デイリー・FTSE中国・ブル3倍ETF)
  • EDC(Direxion デイリー・新興国・ブル3倍ETF)

セクター別

  • TECL(Direxion デイリー・テクノロジー・ブル3倍ETF)
  • SOXL(Direxion デイリー・セミコンダクター・ブル3倍ETF)
  • CURE(Direxion デイリー・ヘルスケア・ブル3倍ETF)
  • WEBL(Direxion デイリー・ダウ・ジョーンズ・インターネット・ブル3倍ETF)
  • LABU(Direxion デイリー・S&Pバイオ株・ブル3倍ETF)
  • DRN(Direxion デイリー・不動産・ブル3倍ETF)
  • FAS(Direxion デイリー・金融・ブル3倍ETF)

2倍レバレッジETF

  • NUGT(Direxion デイリー・金鉱株・ブル2倍ETF)
  • ERX(Direxion デイリー・エネルギー・ブル2倍ETF)
  • RUSL(Direxion デイリー・ロシア・ブル2倍ETF)
  • CWEB(Direxion デイリー・CSI中国インターネット指数株・ブル2倍ETF)
  • UBOT(Direxion デイリー・ロボティックスAI&オートメーション指数株・ブル2倍ETF)

2倍レバレッジETFのNUGT, ERX, RUSLはもともとレバレッジが3倍でしたが、流動性が低かったためコロナショックで指数に連動できず、レバレッジを引き下げられています。

何度かお伝えしていますが、レバレッジETFで重要なのは流動性です。
流動性不足でレバレッジが引き下げられた経緯があるETFには、投資しないほうが無難です。

CWEBとUBOTについては以下の記事で解説しました。

面白そうなレバレッジETFですが、設定されてまだ歴史が浅く、3倍レバレッジETFの代用になるほどのパフォーマンスは期待できません。

よって2倍レバレッジETFは今回の検討からは除外します。

スクリーニング

まず、今後少なくとも10年は成長が期待できる対象(地域またはセクター)に投資するものでなくてはなりません。
さらにレバレッジETFはレンジ相場では減価するため、一定以上の成長率が必要です。

最も一般的なのはS&P 500のレバレッジETFであるSPXLです。そこで選定基準は、

「SPXLの同等以上のパフォーマンスが期待できること

としました。
現時点でSPXLに劣るETFをあえて選ぶならそれなりの理由が必要です。

除外したETF

選定基準により除外したのは以下のレバレッジETFです。

TNA(小型株), LABU(バイオ), DRN(不動産), FAS(金融)

これらはSPXLと比較して過去のパフォーマンスが悪く、あえてSPXLの代替案とする理由もないため除外しました。

使い方次第のETF

今回の検討からは外しますが、以下の地域別株式のETFは使い方次第だと思います。

YINN(中国株), EDC(新興国株)

過去のパフォーマンスはSPXLに劣りますが、中国や新興国の今後の成長を期待するなら考慮しても良いかもしれません。

有力候補

このようにして、SPXLと以下のETFを候補として挙げます。

TQQQの代替候補

TECL(Direxion デイリー・テクノロジー・ブル3倍ETF)

SOXL(Direxion デイリー・セミコンダクター・ブル3倍ETF)

WEBL(Direxion デイリー・ダウ・ジョーンズ・インターネット・ブル3倍ETF)

CURE(Direxion デイリー・ヘルスケア・ブル3倍ETF)

それぞれのパフォーマンスを見ていくことにしましょう。



パフォーマンス比較

WEBL

WEBLについては下の記事で解説しました。

パフォーマンスはTQQQを上回っています。しかし流動性が低すぎるためTQQQの代役としては力不足と言えるでしょう。少額を投資するなら選択肢になるというところです。

TECL, SOXL

テクノロジー関連のTECL, SOXLの過去のパフォーマンスをTQQQ, SPXLと比較してみましょう。
2011年1月から2020年12月までのパフォーマンスです。

この10年で見ればリターンはTQQQ>SOXL≧TECL>SPXLであり、最大ドローダウンは小さい順にTQQQ、TECL、SPXL、SOXLです。

ただ特筆すべきことに、2013年以降ではSOXLのパフォーマンスはTQQQを上回っています。AIの時代、SOXLのパフォーマンスは今後も期待できそうです。

CURE

ヘルスケアのCUREは、日本で買える数少ないセクター別のレバレッジETFです。パフォーマンスをTQQQ, SPXLと比較してみます。

期間は2011年1月から2020年12月までです。

CUREのリターンは2010年代前半にはTQQQを上回っていました。全期間ではTQQQより劣るもののSPXLを上回っています。
特徴として、CUREのドローダウンはTQQQ, SPXLよりも小さいという点が挙げられます。不況に強いヘルスケアセクターの安定性を反映していると言えるでしょう。

流動性

流動性は以下のように、時価総額や出来高で判断します。

時価総額

TQQQ >> TECL ≧ SPXL ≒ SOXL >> CURE > WEBL

平均出来高

TQQQ >> SPXL > SOXL >TECL >>CURE ≒ WEBL

(2020年12月25日時点)

流動性においてもTQQQが圧倒的です。
次点で平均出来高の大きいSPXLです。TECL, SOXLはSPXLに劣りますが、投資を検討してよいレベルの流動性はあります。CUREはWEBLと大差ないレベルであり低すぎます。



まとめ

以上から考えるTQQQの代替案は以下の通りです。

投資金額が少額の場合:WEBL

流動性が低いので、売却する際に想定した金額よりも低い金額で約定する可能性は理解しておくべきでしょう。

ある程度の金額を投資する場合:TECLかSPXL

パフォーマンスを重視するならTECLを、流動性を重視するならSPXLを選ぶのが妥当でしょう。

半導体の将来性に期待する場合:SOXL

AI時代の半導体の成長を期待するならSOXLも有力です。

ヘルスケアに投資したい、または安定性を重視:CURE

ただし流動性が低いことには注意が必要です。

確かにWEBLやSOXLのように、今後TQQQを上回る可能性のあるレバレッジETFはありますが、流動性や安定度なども含めた総合的な評価では、TQQQが最も優れていると私は考えます。

サクソバンク証券などでしか買えないというハードルはありますが、レバレッジETFに投資をしている方は、ぜひTQQQに投資をしてみてはいかがでしょうか。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA