株式投資

トレール注文を生かす -サクソバンクでのやり方を図解-

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

私はサクソバンク証券でTQQQを買っています。

先日保有するTQQQの一部にトレール注文を入れました。

レバレッジETFに投資する場合、トレール注文を使えると戦略の幅が広がります。

サクソバンク証券でのやり方の備忘録も兼ねて記事にしました。

トレール注文とは

ご存じない方もいらっしゃるかもしれないので、トレール注文(またはトレールストップ注文)について解説します。

これは、トレールストップ(売り注文が執行されるライン)が相場に合わせて自動的に調節される注文方法です。

マネックス証券のサイトから引用します。

株価100ドルの銘柄でトレール幅5ドルで売りのトレール注文を発注したケースで説明します。

最初のトレールストップは95ドルの位置です。株価が一直線に下落すれば95ドルで売り注文が執行されます。

一方株価が上昇した場合、最高値から5ドル低い位置になるようトレールストップが切り上げられていきます。

例えば、株価が110ドルまで上昇後に下落した場合、105ドルで売り注文が執行されます。これにより5ドルの利益を確保できました。

YouTubeチャンネル「金がうなる大学院」のスピンさんも解説されていて、SOXLをトレールストップ注文で売ることで利益が出たそうです。参考にしてみてください。

上昇が続く限りどこまでも利益を伸ばせるので、レバレッジETFと相性がいい注文方法かもしれません。



サクソバンク証券でのやり方

それではサクソバンク証券でのトレール注文のやり方について、実際に私が7月3日に入れた注文を示しながら説明します。

保有するTQQQ 700枚のうち91枚に、トレール幅がその時の価格(126.83ドル)の5%のトレール注文を出すことにしました。

まずは上の「取引」と書かれている部分をクリックすると、ブラウザの下半分に以下のように保有建玉が表示されます。

下の”ProShares UltraPro QQQ”がTQQQのことで、700枚あります。

「逆指値」の下に赤丸で囲まれた「注文追加」というボタンがあり、ここをクリックすることで注文画面に移ります。

以下のような画面が出るはずです。

赤丸で囲まれた「決済逆指値設定」をクリックすると、以下のように表示されます。

「注文タイプ」のうち、赤丸で囲った逆指値(トレイリン…)というのがトレール注文なので、選択します。

トレール幅は、右側の「単位」の「パーセント」または「価格」で設定します。

現在株価の5%にしたいので、「パーセント」を選択し、ウィンドウを閉じた後の画面で5.00%と入れます。

枚数のところには、カーソルを合わせて91と入力します。

決済指値設定は「オフ」のままです。

トレイリングの刻みとは、「株価が何ドル上がるごとにトレールストップが上がるか」という意味です。表示されている0.05ドルの場合、TQQQの上昇が0.05ドル未満だと逆指値は上がらず、TQQQが0.05ドル上昇してやっと逆指値も0.05ドル上がり、さらにTQQQが0.05ドル上昇すれば逆指値も0.05ドル上がる(最初の時点からは0.10ドル上がる)ということになります。ここは0.01ドルなどに変更してもいいのですが、あまり気にしなくていいと思います。

ここで「発注」をクリックすれば完了です。

注文後は「注文管理」で確認することをお勧めします。

(パーセントで注文しても、注文管理画面では120.49ドルという価格表示になっています。)

注文の際、「パーセント」の代わりに「価格」を選択することもできます。その場合の価格は最初の株価の95%なので、126.83ドル×0.95≒120.49ドルです。よって以下のように入力します。

なお注意点があります。

最初に設定したトレール幅は、パーセント、価格のいずれで指定しても固定されたままです。

例えばTQQQが100ドルの時にトレール幅を5%=5ドルに設定したとします。TQQQが120ドルに上昇したからといって、トレール幅が自動的に120×5%=6ドルに変更されることはありません。

だから上昇した場合はトレール幅を大きくしたいという人は、その都度幅を設定する必要があります。

その後ですが、7月8日に株価が大きく下落して寄付に注文が約定しました。

もし7月6日に成行で売れば127.45ドルだったので、それより損をしたことになります。ただしこれは結果論です。

株価がいつどのくらい下落するかは誰にもわかりません。

トレール注文を設定しておけばどのあたりで利確/損切りになるかがわかるので、急落時にも安心できます。



レバレッジETFとトレール注文

基本的な考え方

冒頭でも述べましたが、トレール注文はレバレッジETFと相性のいい注文だと思います。

上昇相場ではレバレッジETFをできるかぎり持ち続け、なるべく利益を伸ばすのが成功のコツだと思います。「握力が試される」という表現がしっくりきます。

トレール注文を設定しておけば、相場に合わせて機械的に発注し利確してくれるのです。

一例が、上に書いたTQQQの部分利確の際のトレール注文です。

また、暴落を避けるためにトレール注文を使うこともできます。

相場が下落すれば、レバレッジETFは以下のように大きく価格が落ちます。

あらかじめトレール注文を入れておけば、利益を伸ばしつつ、暴落が来た時は自動的に利確/損切りができます。

とはいえ使い方の理論面がわかっても、実際やってみるとトレール幅をどう設定するかに頭を悩ませることになるでしょう。レバレッジETFの変動幅がかなり大きいからです。

トレール幅の大小の違い

トレール幅が小さい
メリット:下落した場合、すでに積み上げた利益が減りにくい、または損失が拡大しにくい。
デメリット:上昇トレンドでも少しの下落でトレールストップに引っかかってしまい、少ない利益で終わってしまう。

トレール幅が大きい
メリット:上昇トレンドでなかなかトレールストップに引っかからないため、利益を伸ばしやすい。
デメリット:下落した場合、利益が減りやすい、または損失が拡大しやすい。

これはある程度試行錯誤するしかないと思います。

利益の取りこぼしはやむを得ないという妥協も必要です。

私なりのコツ

トレール注文について、私なりのコツを紹介します。

購入価格よりある程度値上がりしてから、値上がり幅より小さいトレール幅で発注する。

具体例を挙げます。

Case 1

100ドルで購入したTQQQが、120ドルになった。

この場合はトレール幅を20ドル以下にする。例えば12ドル(現在価格の10%)としてトレール注文を入れる。

ここから一直線に下落した場合、(相場が急変しなければ)108ドルで約定するので、8ドルの利益が確保できる。

一方、上昇すればさらなる利益の上乗せが期待できる(ただし結果的に120ドル未満で約定してしまい、120ドルで売った場合よりも利益が低くなる可能性もある)。

Case 2

100ドルで購入したTQQQが、200ドルになった。

暴落は避けたい。

経済危機ではTQQQが50%以上下落すると考え、トレール幅100ドルのトレール注文を出しておく。これなら暴落が起きても100ドル以上で約定するので損失が出ない。

TQQQが値上がりしたら、それに合わせてトレール幅を変える(例えばTQQQが300ドルになったらトレール幅を150ドルに変更するというように)。

このように、

トレール注文で損失を出すことを極力避ける

よう工夫しています。

ではTQQQが購入価格の100ドル以下になった場合はどうするか。

その場合は、LECポートフォリオの中にある現金でタイミングを見計らってTQQQを買い増します。

ただ、まだまだ私もトレール注文については頭を悩ませることが多いです。

今後ブログやTwitterで適宜考え方をお伝えできればと思います。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA