株式投資

TQQQがQQQに勝つ条件

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

以前、レバナスのリターンがQQQに勝つ条件についての記事を書きました。

今回は3倍レバレッジETFであるTQQQのリターンが、QQQに勝つための条件を求めたいと思います。

なお、この記事の内容はTQQQ以外の3倍レバレッジETFにも適応できると思います。

なぜなら、他の3倍レバレッジETFの値動きは固定コスト(TQQQでは2.05%)の違いはあっても、同じ仕組みと推測されるからです。SPXLの式についてはかきすけ先生のnoteの記事をご覧ください。他の3倍レバレッジETF(たとえばWEBL)でも同様だと思います。

また記事の最後には一般化し、レバレッジL倍の場合の条件式についても書きました。

条件の導出

レバナスでの手法と同じく、L倍レバレッジETFのリターンを表す式を出発点とします。

両辺の自然対数を取り、以下のように書くこともできます。

TQQQのリターンがQQQを上回る条件は以下のように表記できます。

①の式を解きます。

なお、c2は過去に検証したTQQQの1日の変動率を踏まえたものです。きれいな式にしたいのと、結果に大差がないため、端数は無視しました。

②の式を解くと、以下のようになります。

これは①から導かれた条件の両辺の自然対数を取ったものであり、意味するところは全く同じです。

まとめると条件は以下の通りです。



シミュレーションデータでの検証

QQQとTQQQの仮想データを作成し、この条件が成立するか確かめてみましょう。

シミュレーションのやり方はこの記事に書いています。

ただし、TQQQのデータを作成する際は単純にNASDAQ100の日々の動きを2倍にするだけではなく、金利と経費を差し引く必要があります。

試しに、b = 0.01, σ = 0.14の場合のQQQの必要年率リターンを求めてみましょう。なおこのσは、相場が安定している年のボラティリティに近い数値です。

計算すると

r > 0.0494

となるので、これを%に換算すると、

e^0.0494 ≒ 1.0506…

よって、求めるリターンは5.0%(小数第二位を四捨五入)

よってσ= 0.14の場合、QQQの年率平均リターンが5.0%以上であれば、TQQQのリターンはQQQを上回ることになります。

実際のシミュレーションで出てきた、10年間のQQQとTQQQのグラフの例を挙げます。

QQQの年率平均リターンが5.0%付近では、TQQQとQQQのリターンはほぼ等しくなります。それより高ければTQQQが勝ち、それより低ければTQQQが負けます。

パラメータを変えてシミュレーションしても、条件が成立していることがわかりました。



具体的なQQQの必要リターン

上の式を用いて計算すると、σとrの関係は表のようになります。rに対応する%換算リターンも合わせて表示します。なお、b = 0.01とします。

σの求め方は過去記事で解説しました。

目安は以下の通りです。

σ = 0.16 (安定相場): 安定して上昇した2010年代のNASDAQ100のボラティリティと同程度

σ = 0.20 (平均的相場): 過去数十年のS&P 500のボラティリティの平均と同程度

σ = 0.27 (不安定相場): リーマンショックをはさんだ数年のNASDAQ100のボラティリティと同程度

比較のため、レバナスがQQQを上回るために必要なリターンの表も示します。

ここから、TQQQのリターンがQQQに勝つ条件について以下のことがわかります。

・安定相場では、必要なQQQの成長率はレバナスの場合と大差ない。

・しかし相場のボラティリティが高くなるほど、レバナスの場合より高いQQQの成長率が必要である。

やはりTQQQには相応のリスクがあると言えるでしょう。

リスクを想定した上で、QQQのリターンが上の表の数字以上であるという強い確信があるなら別ですが、そうでなければレバレッジ3倍は高すぎます。

弊ブログでもたびたび述べていますが、よほどリスク許容度が高くない限り、レバレッジは2倍程度が無難だと思います。

皆様が適正なレバレッジを考える際に参考になれば幸いです。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

POSTED COMMENT

  1. a より:

    σ=0.2と仮定した場合、換算リターンが、

    0-6.9%だと予想する場合はQQQ
    6.9%-9.9%だと予想する場合はQLD
    9.9%以上だと予想する場合はQQQ

    を買うべき、ということですね。
    (9.9は、6.9+2(x-6.9)=8.4+3(x-8.4)の解です)

    QLDが最適になる範囲が思っていたより広くてびっくりしました!レバレッジETFでNASDAQ100のL倍レバレッジを構成する場合、コストの観点でQQQとTQQQのみを使うべきだと考えていましたが、それは間違いで、QLDを使う利点も明確にあるんですね。

    • カガミル より:

      9.9%以上だと予想する場合はTQQQを買うべき、ですね。
      コストについてですが、レバレッジをちょうど2倍にするならQLD 100%が最善です。2倍未満ならTQQQとQQQで組めばいいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA