暗号通貨

【メシウマ】暗号通貨で大損【涙】

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

タイトルの通りです。

私カガミルは、

最近の暗号通貨の暴落で、大損しました😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

現在の状況

投資している暗号通貨はビットコインとIOSTです。

IOSTについてはこちらの記事をご覧ください。

2021年5月26日朝の口座状況は以下の通りです。

bitFlyerで100万円分のビットコインを購入したのが、

23%程度の含み損が発生しています。

これでも、一時評価額が60万円台だったのに比べればまだ回復した方です。

もっと悲惨なのはIOSTです。

コインチェックで25万円分のIOSTを購入したのが、

63.2%も下落!

含み損を合わせると

−38.5万円!

・・・・・・

どうしてこうなった・・・


何がいけなかったのか

私は投資する前、頭の中で暗号通貨について自分なりのQ&Aを考えました。

ポートフォリオにおける割合、損切りや利確をするか、一括か積立か…。

いろいろ考えた上で投資することを決めたのです。

今のところ不本意な結果ですが、何が悪かったのかを考えてみました。

そもそも手を出すべきではなかった?

もちろん暗号通貨に投資をしなければ含み損を抱えずにすみました。

ただ暗号通貨は資産という考えを持つようになり、ポートフォリオの一部に加えたいと考えた結果です。含み損を抱えた今でも、ビットコイン購入は誤りではなかったと感じます。

一方IOST購入は失敗だったと認めざるを得ません。情報が少ない暗号通貨に対し「イナゴ」になった形で、焼かれました。
でも将来大化けする可能性もあると思いましたし、ゼロになってもかまわないと感じて投資したので、後悔はしていません。

買う時期が悪かった?

ビットコインを購入したのは2月25日でした。日足チャートを見てみましょう。

赤い三角のところで購入しました。ビットコイン価格が530万円前後でエントリーしたことになります。

下落した直後であり、その後しばらく上昇したのを見ても、悪くないタイミングだったと思います。

もちろんもっと早い時期、例えば2017年に買っておけば確実に利益が得られたでしょう。実際その頃買った人も大勢いました。

しかし私は当時ビットコインは投機の対象としか思えませんでした。資産性を意識するようになったのは2020年ぐらいのことです。

この先もビットコインが長期的に上昇し続けるという考えに基づいて買ったので、このタイミングでエントリーしたのは間違いではなかったと思います。

SARBICをやめたのが悪かった?

当初はSARBICという戦略に従い、購入直後にトレーリングストップ注文を入れていました。作動する下落幅は、購入価格の20%に相当する116万円でした。

振り返ってみると、もしトレーリングストップ注文を解除しなければ、570万円付近で20%を利確し、多少利益を得ることができたのです(注文がきちんと機能した場合)。

しかし私は途中でトレーリングストップ注文を解除してしまいました。

それは、116万円の幅ではすぐ注文がかかってしまうと感じたからです。またビットコインはさらに上昇すると思っていました。

結果、取得価格の530万円より大幅に低い、300万円台まで下落してしまいました。利確のタイミングを完全に逃したことになります。

ただ自分の見通しを踏まえた判断だったので、後悔はありません。

一括ではなく積み立てにすべきだった?

Q&Aにも書きましたが、暗号通貨に一括投資するか積立投資するかは悩ましいところです。

将来を信じるなら積み立ての方がいいと思いますが、それは暗号通貨の長期的な上昇が前提です。暗号通貨の価格が右肩下がりなら積立を続けるほど損失が膨らむだけです。

一括投資であれば、損失は最大でも最初の投資額に限定されます。つまりビットコイン価格が0になっても失うのは100万円までであり、それも一括投資にした理由です。

今後ビットコインがどうなるかがわからない以上、選択の妥当性についてはなんとも言えません。



今後の方針

いずれにせよ、後悔しても始まりません。

今後の方針は以下の通りです。

購入価格を上回るまでは持ち続ける。

ビットコインの長期的見通しはまだわかりませんが、回復を信じて持ち続けます。

ガチホでも問題ないと思っていますが、再度急落して含み損が拡大するリスクは常にあります。
もし購入価格を上回れば、SARBICや逆指値を用いて少しずつ利確するかもしれません。そうすれば現金が得られ、下がったところで買い増しもできます。

IOSTが二度と回復しない可能性はさらに高いですし、いずれ廃止になる可能性もあります。そうなっても高い授業料だったと思って諦めがつくのでガチホでいきます。

不幸中の幸いだったのは

リスク許容度の範囲内で投資をしたこと

です。

38.5万円の損失は小さな額ではありません。

しかし私の場合、メインの戦略「レバレッジド・コア・サテライト」では、1日に数十万円評価額が変動するのが当たり前であり、慣れっこになっています。

暗号通貨のリスクを十分に見積もり適切な量を購入したため、精神的ダメージは少なくすみました。

暗号通貨へ投資される際は十分にご注意ください。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 息子が二人います。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA