株式投資

私の投資戦略「レバレッジド・コア・サテライト」

カガミルです。
レバレッジETFでナスダック100に投資をしています。

レバレッジETFの基本的なしくみ、追証が発生しない理由、私が運用している「LECポートフォリオ」についてはこちらにまとめてありますので、よろしければご覧ください。

この記事では私のレバレッジ投資の全体像を公開します。私はこれを

レバレッジド・コア・サテライト

The leveraged core-satellite strategy

と名付けました。

“leveraged core-satellite” という使用例は検索した限り見つからなかったので、「唯一のもの」を示す定冠詞の”the”をつけました。
なんとなくかっこいいからです(笑)

レバレッジド・コア・サテライトとは

一般的なコア・サテライト戦略では、投資をコア(中核)とサテライト(衛星)に分けます。

通常、コアでは手堅い守りの運用を、サテライトではよりハイリスクハイリターンを狙える攻めの運用を行います。

以下は一例です。

コア:インデックス投資(全米株式や全世界株式のETFまたは投資信託)

サテライト:個別株(キャピタルゲイン狙い、スイングトレード、優待など)、アクティブファンド、FX、暗号通貨など

私も全米株式に投資していますが、特にナスダック100に将来性を感じていて主力としています。

私の投資法(レバレッジなしの場合)

コア:QQQ 100%のホールド継続

サテライト:QQQのスイングトレード

コアの部分は原則動かさない一方で、サテライトでスイングトレードをすることでさらなる利益を狙います。

このコアとサテライトのそれぞれにレバレッジをかけて行う戦略が「レバレッジド・コア・サテライト」です。

レバレッジド・コア・サテライト

レバレッジド・コア:QLD 100%

レバレッジド・サテライト:LECポートフォリオ(裁量)

まずはレバレッジド・コアを構成するQLDについて解説します。



QLDとは

概要

正式名称は以下の通りです。

プロシェアーズ・ウルトラ・QQQ

(ProShares Ultra QQQ)

ProShares社が販売しているレバレッジETFの1つです。

ナスダック100指数に対して日々の変動が2倍になることを目指します。

ご存知じの方が多いと思いますが、ナスダック100指数(NASDAQ-100またはNDX)についても解説します。

ナスダック100指数

アメリカのナスダック市場に上場する時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数

(金融銘柄を除く)

QLDのパフォーマンスは、ナスダック100指数の構成銘柄のパフォーマンスに左右されることになります。

ナスダック100指数の構成銘柄についてはXLK/TECLの記事で触れています。よかったらご覧ください。

設定時期

設定開始日は2006年6月21日と、TQQQより古いです。

ちなみに同じ年の6月19日、S&P 500の2倍レバレッジETFであるSSO(プロシェアーズ・ウルトラ・S&P500)も設定開始になっています。

配当利回り

3月、6月、12月に分配金を出していますが毎年ではなく、金額はごくわずかです。

レバレッジETFなので分配金目的ではなく、キャピタルゲイン狙い目的で持つことになります。

経費率

0.95%と、レバレッジETFとしては妥当なところです。

流動性

純資産 39.6億ドル

平均出来高 2,115,547

(2021年4月16日現在)

ちなみに同日のTQQQの純資産は112.7億ドル、平均出来高は37,549,196でした。

TQQQに劣るものの、個人投資家にとっては流動性は十分と言えるでしょう。

パフォーマンス

おなじみのPortfolio VisualizerでQQQと比較してみましょう。
同時にS&P 500指数、その2倍のSSOとも比較してみます。

期間は設定直後の2006年7月から2020年12月までです。

過去14年強でのQLDのパフォーマンスは26%以上と、SSOやQQQを上回り申し分ないです。

ただしリーマンショックの際の最大ドローダウンがかなり高いことに注意が必要です。

上図によると月次終値でみた最大ドローダウンはQQQが50%前後、QLDは80%前後ですが、日次終値でみるとさらに大きいです。

リーマンショック時の最大ドローダウン(日次)

ナスダック100:53.4%(QQQもほぼ同じ)

QLD:84.0%

(期間は2007年10月31日から2009年3月9日)

注:TQQQはリーマンショックの時点では販売開始されていませんが、擬似TQQQの価格を計算すると95%前後下落すると考えられます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

その後はチャートに示した通り、QLDは数年かけて最高値を更新しました。

2020年のコロナショックの期間中の最大ドローダウンは以下の通りです。

コロナショック時の最大ドローダウン(日次)

ナスダック100:28.0%(QQQもほぼ同じ)

QLD:51.7%

TQQQ:69.9%

(いずれも2020年2月19日から3月20日)

このように経済危機でのQLDの下落幅は、QQQを上回るもののTQQQよりはマイルドです。



レバレッジド・サテライト

レバレッジド・サテライトには、LECポートフォリオ(裁量)を据えました。

これは相場の状況に合わせてTQQQと現金の比率を調節する戦略です。

詳しくは下記事の「上級者向け戦略:裁量」の部分をご覧ください。

サテライトの部分ではTQQQによりコア以上のリターンを狙うのが目標です。

場合によってはTQQQ 100%とすることも可能です。
しかしリスクが高いため、多くの場合TQQQの割合は1/6〜5/6(レバレッジは0.5倍〜2.5倍)で推移することになるでしょう。



戦略の背景と補足

QLDを選んだ理由

レバレッジド・コアのQLDは、経済状況に関わらず原則持ち続けます。

レバレッジETF投資では、TQQQ、TECL、SPXLなどレバレッジが3倍のものに投資する人がほとんどだと思います。もちろんどれが正解というわけではありません。

まず私がナスダック100をメインの投資先にしているのは、成長著しいナスダック市場でも時価総額トップ100位の銘柄を集めており、これからもリターンだけでなく安定度でもS&P 500を上回ると思うからです。
また最近のモデルナなど、IT以外の成長企業の恩恵も受けられます。

なお2000年〜2001年のITバブル崩壊の頃は、S&P 500よりもナスダック100の方がドローダウンがはるかに大きかったです。
ただ個人的には、今後ナスダック100がITバブル崩壊と同程度に暴落することはなく、安定して推移すると考えています。

個人的に、

レバレッジ3倍は高すぎる

と考えています。

年齢や収入などのリスク許容度にもよりますが、長期間の安定性を重視するなら、多くの人にとっての適正レバレッジは1.5〜2倍くらいではないでしょうか。
私がLECポートフォリオを使い始めたのもそれが一因です。

ナスダック100に2倍のレバレッジをかけられるQLDは、持ち続けた場合のリスクも適度であり、使い勝手のいいレバレッジETFだと考えています。

コア・サテライト併用のメリット

コアについては上記の通り、持ち続けるだけなので楽です。

一方でサテライトのLECポートフォリオ(裁量)は難しそうなので、コアを単独で持ちたいという方もいらっしゃるかもしれません。
それも1つの手として考えられます。

ただ私が両方を運用するのは、経済危機の際にリスクを減らすためです。

コア、サテライトそれぞれのメリット/デメリットをあげます。

コア、サテライトのメリット/デメリット

ア:QLD 100%

メリット:(原則)購入して持ち続ければよい。誰がやっても同じリターンが得られる。
デメリット:大きな経済危機では大幅に下落する。

サテライト:LECポートフォリオ(裁量)

メリット:現金を含むLECポートフォリオは下落局面に強い。
デメリット:売買のタイミングは自分で判断しなければならず、パフォーマンスが投資家の腕に左右される。

LECポートフォリオが相場下落に強い理由については、この記事の「LECポートフォリの特性」をご覧ください。

コアは常にレバレッジ2倍なので下落相場ではどんどん評価額が下がります。
防御型のLECポートフォリオなら現金割合を増やすことで評価額下落を抑えられます。

先述の通り、QLDがリーマンショックのドローダウンから回復するには数年を要しました。2020年のコロナショックでは日次終値でのQLDの最大ドローダウンは50%以上でした。

リーマンショックよりも大きな暴落が生じれば、コアが二度と元の価格に戻らないレベルまで下落する可能性は0ではありません。

そのヘッジとして、リスクをコントロールできるLECポートフォリオ(裁量)を持つことが望ましいと思います。

コアを単独で持つなら

コアを単独で持ったまま放置すれば、回復不能なレベルまで資産が毀損される恐れがあります。

資産を守るには、QLDが大きく下落した時に一部を現金化してレバレッジを下げるなどの工夫が必要かもしれません。

コアとサテライトのバランス

最初に述べた通り、サテライトを持つ目的はコアを上回るリターンを出すことです(下落時のヘッジの意味合いもありますが)。

コアのパフォーマンスがサテライトをコンスタントに上回るなら、サテライトを持つ意味は薄れます。サテライトを減らしてコアを増やすべきでしょう。

逆にサテライトのパフォーマンスがコアをコンスタントに超える人は、優れた相場観の持ち主でありサテライトを増やしてもよいでしょう。

このように、コアとサテライトの比率は適宜調節してよいのです。



QLDとTQQQを買える証券会社

残念ながらQLDとTQQQは日本の大手証券会社(楽天証券、SBI証券、マネックス証券)で購入することができません。

私はサクソバンク証券を使っています。

サクソバンク証券は特定口座に対応しておらず、一般口座しかないのが難点です。それでもQLD、TQQQをはじめとして、日本の証券会社では購入できない多数のETFを販売しているので、ぜひ口座開設をお勧めします。


今回は、私の投資戦略である「レバレッジド・コア・サテライト」について解説しました。

難しく感じた方もいらっしゃるかもしれません。

2021年はこの投資法を実践し、成績について公表していくつもりです。実際の運用はそれを見ていただくとわかりやすいかもしれません。

参考になれば幸いです。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA