株式投資

ポートフォリオのレバレッジ計算法

東大医学部卒医師のカガミルです。
現在大学で臨床、教育、研究を行っています。

私はTQQQと現金を組み合わせた「LECポートフォリオ」を運用しています。

記事のまとめは下をご覧ください、

この戦略の中で、レバレッジETFを含むポートフォリオのレバレッジを計算する場面が出てきます。
レバレッジETFに慣れていない方にはピンと来ないかもしれません。

そこでこの記事では、ポートフォリオのレバレッジの計算法について書きました。

レバレッジETFと1倍ETF

断りがない限り、「レバレッジETF」は指数に3倍のレバレッジをかけたETF、「1倍ETF」は指数にそのまま連動するETFを指すことにします。

代表的な株のレバレッジETFと、それに対応する1倍ETF、連動する指数をあげます。

レバレッジETF 1倍ETF 連動する指数
TQQQ QQQ ナスダック100指数
SPXL SPY/VOO/IVV S&P 500
TECL XLK テクノロジー・セレクト・セクター指数
SOXL SOXX フィラデルフィア半導体セクター指数
CURE XLV ヘルスケア・セレクト・セクター指数

ポートフォリオのレバレッジ計算法

ポートフォリオがレバレッジ3倍ETF、レバレッジ2倍ETF、1倍ETF、現金を含む時、全体のレバレッジを求める計算式は下の通りです。

ポートフォリオのレバレッジ

= 3×(レバレッジ3倍ETFの割合)

 +2 ×(レバレッジ2倍ETFの割合)

+1×(1倍ETFの割合)

(注:現金は計算式に入らない)

ここではレバレッジ3倍ETFとしてTQQQを、1倍ETFとしてQQQを用います。レバレッジ2倍ETFは含めませんが本質的な計算法は同じです。

上のように、100%のポートフォリオだとそれぞれのレバレッジは3倍、1倍、0倍となります。
現金は無リスク資産であるためレバレッジに影響しません。

あとはそれぞれの割合をかけて合計するだけです。例えば下のようにです。

また複数口座で資産を持っていたり、異なる指数に連動するETFを持っていても同じように計算できます。例えば以下のような場合です。

難しいとお感じになるかもしれませんが、この後詳しく解説しますので読み進めてみてください。

代表的なポートフォリオ

LECポートフォリオでよく出てくるポートフォリオを中心に、レバレッジを見てみましょう。

それぞれのレバレッジで、左がLECポートフォリオ、右がQQQを入れてそれと同じレバレッジにしたポートフォリオです。

実際にレバレッジが同じかどうか、計算してみてください。



レバレッジとパフォーマンスの関係

ここで、ポートフォリオのレバレッジとパフォーマンスには以下のような関係があります。

ある指数に対してポートフォリオのレバレッジが同じ場合、リスクとリターンはほぼ同じである。

具体的にPortfolio visualizerで見てみましょう。

なお、レバレッジETFの価格が動くとポートフォリオのレバレッジはだんだん変わっていくため、リバランスが必要です。
ここではリバランスの頻度は、最も高いリターンが期待できる3ヶ月に1回とします。期間は2011年1月〜2020年11月です。

レバレッジ1倍

  1. QQQ 100%
  2. LECポートフォリオ(TQQQ 33.3%)

を比較します。

Portfolio 1(青) QQQ 100%
Portfolio 2 (赤) TQQQ 33.3% + 現金 66.7%
Portfolio 3(橙) S&P 500 (比較用)

①の方が②よりもややリターンやドローダウンが良いですが、それほどの差はありません。

レバレッジ1.5倍

  1. TQQQ 25%+QQQ 75%のポートフォリオ
  2. LECポートフォリオ(TQQQ 50%)

を比較します。

Portfolio 1(青) TQQQ 25%+QQQ 75%
Portfolio 2 (赤) TQQQ 50% + 現金 50%
Portfolio 3(橙) QQQ 100%(比較用)

パフォーマンスは①が②を少し上回りますが、ほとんど差はないと言えます。

レバレッジ2倍

  1. TQQQ 50%+QQQ 50%のポートフォリオ
  2. LECポートフォリオ(TQQQ 66.7%)

を比較します。

Portfolio 1(青) TQQQ 50%+QQQ 50%
Portfolio 2 (赤) TQQQ 66.7% + 現金 33.3%
Portfolio 3(橙) QQQ 100%(比較用)

パフォーマンスは①が②をわずかに上回りますがほぼ変わりません。

このようにレバレッジが同じであれば、パフォーマンスはほぼ同じです。

少しだけ差が出るのは、TQQQの方がQQQに比べてコスト(信託報酬など)が高いためです。
したがってレバレッジが同じなら、なるべくTQQQの割合を減らしてQQQの割合を増やす方がパフォーマンスは改善します。

ただしLECポートフォリオはTQQQと現金のみで構成していて、QQQは入れていません。
これは、リバランスをする際にETFの売買にかかる手数料を少なくするためです。



まとめ

・レバレッジETF、1倍ETF、現金が混在したポートフォリオのレバレッジは、以下の式で求められる。

3×(レバレッジETFの割合)+1×(1倍ETFの割合)

・ある指数に対してポートフォリオのレバレッジが同じなら、リターンはほぼ同じになる。

・同じレバレッジなら、レバレッジETFをなるべく1倍ETFに置き換えた方がパフォーマンスが改善する。

今回はポートフォリオのレバレッジの計算法について解説しました。

LECポートフォリオの記事を理解する上で助けとなれば幸いです。

投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

POSTED COMMENT

  1. くんたきんて より:

    貴重な情報ありがとうございます^ ^
    でも 番人には、分かりづらい説明ですね 笑笑
    現金を保有する事で、確かにリスクは減りますが 資産はそんなに急増しないので期間が長く投資出来る 若者向きですね。
    なので、余り⁈個人的には面白く無い様な気がします。
    あ、あくまでも個人的な見解ですm(_ _)m
    失礼しました。

    • カガミル より:

      くんたきんてさん

      おっしゃる通り、現金を混ぜる分パフォーマンスは減ります。
      若くてリスクを取れる人は、最初はレバレッジ3倍で全力で行くのが早道かもしれませんね(もちろんリスクが高まりますが)

      資産の目標額にもよりますが、多くの人にとってはレバレッジ1.5-2倍ぐらいが適正だと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA