株式投資

レバレッジETFの経費は高いのか

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

私が運用している戦略「レバレッジド・コア・サテライト」についてはこちらをご覧ください。

ここで用いているQLD, TQQQの経費率は1%前後です。

SPXL、TECL、SOXL、WEBLなどの3倍レバレッジETFでは経費率がこの水準のものが多いです。

中国のインターネット企業に投資するCWEBの場合、レバレッジが2倍と低めなのに経費率は1.3%もあります。

iFreeレバレッジとNASDAQ100とiFreeレバレッジ S&P 500は2倍のレバレッジをかけられる投資信託ですが、経費率は0.99%です。

では、レバレッジETFの経費率は高いのでしょうか。

この記事ではこの点について考察します。

レバレッジETFの経費率

ここではレバレッジETFの代表としてSPXLを取り上げます。

SPXLと同じS&P 500に対応するETFや投資信託同士で経費率を比較します。

myINDEXというサイトからいくつかをピックアップします。

これらは1年当たりかかる経費率です。

経費は日割りで毎日ETFの総資産から引かれています。1日当たりの金額はわずかなので気づきにくいですが。

この表を見る限り、確かにインデックス連動のETFや投資信託と比較すれば、SPXLの経費は圧倒的に高いです。

「経費率が低いETFや投資信託を選ぶべき」とよく言われます。

だから上の表のうち、農林中金の商品は手数料が高すぎるので選ぶべきではなく、ドル建てのVOOを買うか、あるいは日本円で買える1557を買うべきといえます。

ではSPXLの経費率はどう見るべきでしょうか。



経費率が高くない理由

私は、

レバレッジETFの経費率は安いぐらいだ

と考えています。

以下に理由を挙げます。

圧倒的なリターン

ここで、SPXLとVOOのリターンを比較してみましょう。

期間は2011年1月から2021年3月の約10年間です。

CAGR(年平均成長率)

SPXL 33.34%

VOO 14.91%

SPXLのリターンはVOOを圧倒しています!

今後のリターンを保証するものではありません。こちらの記事に書いたように、相場によってはレバレッジETFは逓減しインデックスを下回る可能性があります。

もちろんこれは、SPXLの高い経費率が引かれた後のデータです。

経費率がいくら高くても、それを上回る高リターンが得られるなら問題にはなりません。

インデックス投資で低コストの商品を選ぶべきなのは、同じインデックスに連動するという設計上、リターンに大差がないからです。

つまり、「リターンを高める」という目的のために、「経費率を低くする」という手段が成立します。

経費率の高さを理由にSPXLを否定するのは、手段と目的の取り違えです。

そもそもパフォーマンスが圧倒的に異なるレバレッジETFとインデックスの経費率を比較するのはナンセンスです。

実際にはSPXLは初心者がいきなり手を出すべき商品ではありません。損失が発生して塩漬けになれば、高い経費率により資産が目減りするでしょう。

しかし、レバレッジETFでコンスタントに利益を上げられるなら、高い経費率を払ってでも使うべきだと思います。



毎日の価格調整

レバレッジETFの仕組みに関してはこちらの記事をご覧ください。

レバレッジETFは毎日基準価格の3倍変動するよう、価格調整を行っている。

3倍レバレッジETFでは持っているだけで、毎日構成内容を変化させ、自動的に基準価格の3倍の変動を起こしてくれるのです。

個人でもインデックスの先物かCFDを使えば不可能ではないかもしれません。しかし、小幅な変動に対してもその3倍に限りなく近い変動をさせるためには、膨大な資産が必要です。

大勢の投資家から多額の資金を集めたSPXLだからこそ価格調整が可能となるのであって、個人投資家がこんなことをするのはまず不可能です。

中には、レバレッジETFの減価を避けるため自分でCFD売買をするという人もいるでしょう。それはそれで問題ありません。ただ、レバレッジETFに対して1年に1%の手数料を払うぐらいは許容できると思います。

手軽な借金方法

上記とも関連するのですが、

レバレッジETFを買う = 借金をする

ということだと思ってください。

レバレッジETFを100万円分買ったということは、それを担保にして200万円を借り、300万円分のポジションを保有しているということです。

こんな簡単に借金ができる方法は、他にありますか?

やっていることは信用取引と似ていますが、信用取引のための審査はいりません。株を買ったことのない初心者でも、米国株口座を開けばすぐ買うことができるのです。

極端な話、消費者金融からお金を借りられない多重債務者でも、レバレッジETFを買えば借金をして投資ができます。

加えて信用取引と違う他の点は、上のリンク記事にある通り、追証が一切発生しないという点です。

相場が急変しても追証の心配がないのは大きなメリットです。

それを約1%という、一般的なローンと考えても格安の年率で実現してしまうのですから、文句のつけようがないと思います。


今回はレバレッジETFの経費率について考察しました。

経費率を気にせずにうまく取引することで、読者様が大きな利益を得られることを祈っております。

ただしレバレッジETFは万人向きの投資商品ではない点はご理解ください。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA