株式投資

CUREではL倍レバレッジETFのリターンを表す式が機能しているか?

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

CUREはヘルスケアの3倍レバレッジETFで、このサイトを見ている方ならご存知の方も多いと思います。

CUREの特徴はそのディフェンシブさです。バックテストではありますが、ITバブル崩壊とリーマンショックを乗り越えました。

以前の記事で書いたように、L倍レバレッジETFのリターンを表す式は以下の通りです。

この式は、2021年以前のS&P 500とQQQでほぼ成立することがわかりました。

この記事では、CUREでもこの式が成立するかを検証しました。

CUREのリターンを表す式

過去記事で紹介したL倍レバレッジETFのリターンを表す式は以下の通りです。

CUREの場合、L = 3です。

また、SPXLと同じくc3 = 0.0215とします。これはCUREとSPXLは同じDirexion社から販売されているETFであり、経費は近いと考えるからです。

するとCUREの配当込みリターンは以下の式で表せるはずです。

XLVは、CUREに対応するレバレッジ1倍のETFです。

この式から計算される数値と、実際のCUREのリターンを比較しました。



計算式と実際のリターンの比較

CUREが設定開始となったのは2011年6月なので、検証期間は2012年から2021年とします。

必要なデータは、Portfolio Visualizer, Yahoo Finance, FREDのサイトから得ます。

XLVのσはこの記事にある方法で求められます。

計算法の詳細は以下の記事をご覧ください。

このようにして得られたCUREの計算上のリターンと現実のリターンを表にまとめると、以下のようになります。

ここからわかることは、

CUREでは、L倍レバレッジETFのリターンを表す式の精度が極めて高い。

設定から間もない2012年も、コロナショックがあった2020年も、計算値と実際のリターンの誤差は極めて少ないです。流動性が高いSPXLやTQQQでさえ、2020年は数%の誤差がありました。

σが低いのが一因かと思いきや、実際にはXLVとS&P 500のσにそれほど差はなく、むしろS&P 500の方が小さい年もあります(S&P 500とQQQのσは、表の上の記事のリンク先にあります)。

ただ式の精度の高さは、CUREのディフェンシブな側面と無関係ではないと思います。

数式でCUREのリターンを極めて高精度に予測できるなら、投資判断にも役立つのではないでしょうか。



終わりに:レバレッジETFにおける配当の関与

さて、本記事の目的はCUREにおいてL倍レバレッジETFのリターンを表す式が成立するかを調べることでしたが、その中で確信したことがあります。

レバレッジETFのリターンには、インデックスから出る配当も上乗せされる。

例えばXLVから分配金が出た場合、それも反映されてCUREの価格が上がるという意味です。

XLVは比較的分配金が多いETFです。仮にXLVの分配金が年2%で、それが一切CUREに含まれないとしましょう。

そうなると配当込みリターンRはインデックス価格より2%程度高い数値になるため、計算値は現実のリターンより大きくなってしまうはずです。

しかし計算式は極めて高い精度で一致しました。ということは、XLVの分配金もしっかりCURE価格に反映されていることが示唆されます。

おそらく他のレバレッジETFでも同じ法則が成立すると考えられ、自分の推定が正しいと確信できました。

参考になれば幸いです。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA