株式投資

L倍レバレッジETFのリターンを表す式は、2021年のS&P 500とQQQでも成立する

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

弊ブログでは、L倍レバレッジETFのリターンを表す式について解説しています。

この式が株価モデルだけでなく実際のS&P 500とQQQでも成立することは、2020年以前の各年で確かめました。

今回は、2021年のS&P 500とQQQでも式が成立するかを検証しました。

結論として、2021年においても式の精度は非常に高いことがわかりました。

目次 (クリックでジャンプ)

S&P 500での検証

L倍レバレッジETFのリターンを表す式を再掲します。

SSOとSPXLで検証するので、それぞれL = 2とL = 3に対応します。代入すると以下のようになります。年間経費率は、c2 = 0.016, c3 = 0.0215とします。

Portfolio Visualizerによると、2021年のS&P 500の配当込みリターンは28.53%でした。よって、R = 1.2853です。

年率ボラティリティσの計算法はこちらの記事で解説しています。

計算すると、σ = 0.131でした。かなり安定しています。

米国3ヶ月債の利回りは月ごとの平均をとり、b = 0.0004とします。

以上の数値を式に代入して計算すると、

SSOの計算上のリターン 1.598 (すなわち+59.8%)

SPXLの計算上のリターン 1.972 (すなわち+97.2%)

となります。

実際のSSOとSPXLの配当込みリターンをPortfolio Visualizerで確認すると以下の通りです。

SSOの実際のリターン +60.6%

SPXLの実際のリターン +99.1%

式の精度は非常に高いと言ってよいでしょう。2021年のS&P 500でも、L倍レバレッジETFのリターンを表す式は機能しています。



QQQでの検証

次はQQQでの検証です。

レバナス(実際にはQLDで検証)とTQQQのリターンを表す式は以下の通りです。年間経費率は、c2 = 0.016, c3 = 0.0205とします。

Portfolio Visualizerによると、2021年のQQQの配当込みリターンは27.7%でした。よって、R = 1.277です。

計算するとσ = 0.182となり、S&P 500よりも高かったです。

b = 0.0004で、これらを代入すると

QLDの計算上のリターン 1.552 (すなわち+55.2%)

TQQQの計算上のリターン 1.846 (すなわち+84.6%)

となります。

実際のQLDとSPXLの配当込みリターンをPortfolio Visualizerで確認すると以下の通りです。

QLDの実際のリターン +54.7%

TQQQの実際のリターン +83.0%

QQQでもL倍レバレッジETFのリターンを表す式は機能しました。



今後は2021年のS&P 500とQQQにおいて、L倍レバレッジETFのリターンを表す式がほぼ成立することを確かめました。式の有用性を示す根拠をまた1つ提示できたと思います。

今後できればS&P 500とQQQだけでなく、TECLなど他のレバレッジETFでも検証をしたいと考えています。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 息子が二人います。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA