株式投資

全世界株式投資信託のパフォーマンス比較

カガミルです。
レバレッジETFとビットコインに投資しています。

私はジュニアNISAでeMAXIS Slim全世界株式に投資しています。

全世界株式に投資できるメジャーな投資信託には以下の3つがあります。

全世界株式の投資信託
  • eMAXIS slim全世界株式(オール・カントリー)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

この中のどれを選ぶかで迷っている人もいるかもしれません。
もしこれらのパフォーマンスが大きく違えばなおさら迷うことになります。

そこでこの記事では、3つの投信の実際のパフォーマンスを調べて比較してみました。
また後半では全世界株式と先進国株式とS&P 500のパフォーマンスも比較しました。

全世界株式投信のパフォーマンス比較

3つの投資信託のパフォーマンスを比較するため、データをダウンロードします。

eMAXIS Slim全世界株式

https://emaxis.jp/fund/253425.html

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/detail/achievement.do?Param6=28931217C

楽天VT

https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rivge/

3つのうち最も販売開始が遅かったのはeMAXIS Slim全世界株式で、設定日は2018年10月31日でした。

そこでこの日を起点とし、他の投資信託もこの日の価格が10000円となるよう調節します。比較する期間は2021年2月26日(2月末)までとしました。なお、わずか2年4ヶ月間の比較であることにご留意ください。

グラフは以下の通りです。

ほとんど同じに見えます。
パフォーマンスは以下の通りでした。

eMAXIS Slim全世界株式 43.5%

SBI・全世界株式インデックス・ファンド 42.8%

楽天VT 43.1%

リターンはeMAXIS Slim全世界株式>楽天VT>SBI・全世界株式インデックス・ファンドとなりましたが、ほとんど差はありません。

結果的にはどれを選んでもよかったことになります。

なお経費率は高い順に楽天VT>eMAXIS slim全世界株式>SBI・全世界株式インデックス・ファンドです。
一番経費率の低いSBI・全世界株式インデックス・ファンドのパフォーマンスが最下位であり、手数料以外の要因があったことになります。



地域ごとの比較

全世界株式への投資信託を比較すると、一番パフォーマンスがよかったのはeMAXIS Slimでした。

せっかくですので、同シリーズで全世界株式(除く日本も)、先進国株式、S&P 500を比較してみましょう。

データは以下のサイトからダウンロードできます。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

https://emaxis.jp/fund/253209.html

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

https://emaxis.jp/fund/252653.html

eMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)

https://emaxis.jp/fund/253266.html

以下が、2018年10月31日-2021年2月26日のそれぞれのパフォーマンスのグラフです(2018年10月31日を10000円とする)。

全世界株式 43.5%

全世界株式(除く日本) 44.7%

先進国株式 44.9%

S&P 500 49.6%

最もリターンが高かったのはS&P 500でした。

ここ10年くらいは米国株式のパフォーマンスが全世界株式を上回っているので、妥当な結果でしょう。
とはいえ、この2年4ヶ月間では地域によるパフォーマンスの差がそれほどなかったとみていいでしょう。

また、米国株のリターンが最高であるという傾向がいつまで続くかはわかりません。

投資する時期と期間は人それぞれであり、その間に最も高いパフォーマンスが期待できるものに投資するのがセオリーと言えるでしょう。

また、思ったより差が少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず、eMAXIS Slim全世界株式の構成割合は

アメリカ 55.4%

日本 6.8%

その他の先進国 24.1%

新興国 13.7%

(2021年2月の月報より)

と半分以上がアメリカだからです。



終わりに

以前の記事では手数料の違いも考慮しました。

しかし実際は全世界株式に投資する場合、どの投信でもパフォーマンスに大差ないことがわかりました。

3つの全世界株式の投信のどれかを購入したの方の中には別のにすればよかったとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、気にする必要はありません。あえて乗り換えずに持ち続けるのが賢明と言えるでしょう。

なお今から投資する場合、私のお勧めは以下の通りです。

小型株もポートフォリオに加えたいか?

Yes →楽天VT
NO →eMAXIS Slim全世界株式

このようにSBI以外のどちらかを選ぶのが無難だと思います。

小型株を含むかどうかは一長一短であり、絶対的な優劣はありません。もし迷うならサイコロを振って決めてもいいのです笑

最後に、(そういう人が読者にいらっしゃるかどうかはわかりませんが)投資を始めるかどうか迷っている未経験者の方にお伝えします。

インデックス投資の場合、最も高いパフォーマンスが期待できるのは「今すぐ一括投資」です。

全世界株式なら、数十年後世界の国家の勢力図がどうなっていても、資本主義が続く限り確実にリターンが期待できます。

全世界株式への投信は初心者にも自信を持ってお勧めできる商品であり、誰にでも開かれた投資法です。

この投信で投資の一歩を踏み出すのはいかがでしょうか。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA