資産状況

資産状況(2021年2月末)

カガミルです。
投資戦略「レバレッジド・コア・サテライト」を運用しています。

毎月月末に私と家族の資産状況を公開しています。
今回は、2021年2月末時点での資産状況です。

2月の後半に相場が下落し、大きく資産を減らした人も多かったのではないでしょうか。

なお、具体的な金額を公表するのはレバレッジド・コア・サテライトの中身と暗号通貨だけにさせていただく点はご理解ください。

カガミルの資産

レバレッジド・コア・サテライト

戦略についてはこちらの記事をご覧ください。

2021年2月末時点での評価額は以下の通りです。
なお米ドル決済ができないサクソバンク証券で購入しているので、日本円での評価額を記載します。ドル建てでの比較とは異なり為替の影響も受けます。また1万円未満は切り捨てのため合計が一致しない場合もあります。

レバレッジド・コア・サテライト評価額

レバレッジド・コア
 QLD 827株(1009万円相当)

レバレッジド・サテライト 
 TQQQ 766株(728万円相当)+現金 369万円

合計 2106万円

(注:上の純資産とは合計額が一致しませんが、これは純資産は売却して日本円に換金した際の手数料が引かれた数字だからだと思われます。)

1月末と比べると−43万円でした。

QQQ、TQQQと比較してみます。

パフォーマンス比較

レバレッジド・コア・サテライト -2.0%

QQQ -0.1%

TQQQ -1.9%

サテライトで複数回売買したのですがタイミングが悪く、TQQQよりパフォーマンスが低くなってしまいました。今後は相場が大きく動いた時だけ売買するようにしたいです。

コアの部分は相場がよほど大きく下落しない限りはホールド継続とし、サテライトの部分は相場の状況を見てTQQQと現金の比率を変更していく予定です。



ビットコイン

2021年2月に100万円でビットコインへの投資を始めました。

私が考えたSARBICという戦略に則っています。詳細は下の記事をご覧ください。

使っているのはbitFlyerの口座で、2月28日時点では以下の通りです。

2月末時点で評価額は約93万円と下落しています。トレーリングストップ注文は作動していません。

今は含み損を抱えていますが、長い目で見ていきます。今後も口座状況を報告します。

ソフトバンクグループ(SBG)株 (9984)

野村證券の口座を利用しています。信用買い(一般信用取引)をすることで少しだけレバレッジをかけています。野村證券を使っているのは信用取引の金利が0.5%と最安のためです。

なお信用取引の場合はレバレッジETFとは違って借金を背負う可能性があるため、私はレバレッジはかけないかごく低い範囲に止めようと思います。

米国株ETF

楽天証券で米国株ETFのSPYVIGを保有しています。もちろん現物です。

全ての資産にレバレッジをかけているわけではなく、堅実な投資もしています(汗)

ちなみに個人投資家に人気で手数料の低いVOOではなくあえてSPYを選んだ理由は、最も歴史が長く流動性が高いからです。

NISA口座

2021年から楽天証券のNISAで楽天VTIに投資しています。

それ以前はレバレッジETFを購入していましたが、TQQQ購入を契機に全て売却しまして楽天VTIに切り替えました。

現金

妻と子供がいるので生活防衛資金(生活費数ヶ月分)を持っています。



妻の資産

SBI証券のNISAを利用しています。

もともと楽天・米国レバレッジバランス・ファンドに投資していましたが、2021年からeMAXIS slim米国株式に投資しています。
まだ元本は120万円分なので、毎年追加入金する予定です。

息子の資産

楽天証券のジュニアNISAを利用しています。投資しているのはeMAXIS slim全世界株式です。

選んだ理由はこちらの記事をご覧ください。

2020年に始めたばかりですので、まだ元本は160万円分です。
毎年入金していきたいと思います。


今回は資産状況の一部を公開しました。

全ての資産額を明かすことはできませんが、レバレッジド・コア・サテライトとビットコインの運用状況は定期的にお伝えしていきたいと思います。

投資はくれぐれも自己責任で。

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
カガミル
理三→東大医学部卒の医師です。 2019年生まれの息子の子育て中。 子育て、教育、東大医学部/医療、投資について発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA